レビューを報告する

  • 1.情報入力
  • 2.報告完了

このレビューを掲載しないほうがよいとお考えの場合は、理由をご入力の上、[報告する]ボタンをクリックしてください。
この報告は、レビューの削除をお約束するものではありません。内容によっては、削除されない場合もございますのであらかじめご了承ください。

「異種生物に侵食されゆく学園で苗床にされゆく女子物語」 へのレビュー

認識阻害系の催眠触手姦

2016年08月22日   うゆ さん

このレビューは参考になった x 0人

意外な点として、認識阻害型の催眠プレイが多いです。
周囲の人間が全く気付かない中で犯され続ける物の他、犯される少女さえ気付かないシーンが幾つかあり、

「眠りながら犯されているが目覚めない(睡眠姦)」
「化け物の保険医に犯されているが知識がない(無知シチュ)」
「トイレで何故か感じてしまうけれど何をされているか気付かない(認識阻害・弱)」
「壇上で孕まされ絶頂しているがどうして声が上ずるのかすらわからない(認識阻害・強)」

という細かいバージョン違いに拘りを感じる作品です。

* は必須項目です)

理由*