レビューを報告する

  • 1.情報入力
  • 2.報告完了

このレビューを掲載しないほうがよいとお考えの場合は、理由をご入力の上、[報告する]ボタンをクリックしてください。
この報告は、レビューの削除をお約束するものではありません。内容によっては、削除されない場合もございますのであらかじめご了承ください。

「劣情ミクスチュア」 へのレビュー

登場人物の”一途な性格”が、愛おしい一冊。

2016年04月24日   一陣の光 さん

このレビューは参考になった x 0人

”眉毛”が、その人物の感情を表現する、とても大切な
小道具となっている”伊藤エイト”先生二冊目の作品集。
印象的な収録作は、幼馴染の男の子へ、献身的につく
すヒロインの、”一人語り”で進行する「おなほなじみ」。
ヒロインは、自身を”道具”の様に思っていますが、幼
馴染の男の子には、ヒロインに対する”感情”が存在す
る、二重の作品構造になっています。
登場する、主人公君やヒロインには、相手に見せては
いない”想い・感情”を隠し持っていて、それを受け止
めてくれる・・・と確証を得ると、ストレートに伝え
る行動力を持って描かれています。
登場人物の”一途な性格”が、愛おしい(いとおしい)
一冊。

* は必須項目です)

理由*