レビューを報告する

  • 1.情報入力
  • 2.報告完了

このレビューを掲載しないほうがよいとお考えの場合は、理由をご入力の上、[報告する]ボタンをクリックしてください。
この報告は、レビューの削除をお約束するものではありません。内容によっては、削除されない場合もございますのであらかじめご了承ください。

「セクハラブラザーズ(4) 義弟のアレを尻に擦りつけ!」 へのレビュー

峠の入り口に立つ巻となるのか?

2014年05月23日   koma さん

このレビューは参考になった x 0人

元痴漢の男子高校生(真澄)と元痴漢被害者の男性会社員(幸雄)の同居ラブコメディです。

4巻では、真澄にほだされてきた幸雄が、真澄に夜這いをかけられます。
いつもガツガツしてる真澄くんがこの巻では最後までしなかったことにちょっとだけ違和感を感じましたが、性的なシーンも相変わらず丁寧かつガッツリと描いていらっしゃいます。

健全なシーンですが、幸雄がベッドでうつ伏せに寝転んでもやもやしている姿が魅力的で、やはり魚さんは作画がお上手だなと思いました。


この巻の終わりにストーリーに動きがあります。
事実だとしたら真面目な幸雄がどう受け止めるのか、5巻が楽しみです。

* は必須項目です)

理由*