レビューを報告する

  • 1.情報入力
  • 2.報告完了

このレビューを掲載しないほうがよいとお考えの場合は、理由をご入力の上、[報告する]ボタンをクリックしてください。
この報告は、レビューの削除をお約束するものではありません。内容によっては、削除されない場合もございますのであらかじめご了承ください。

「作曲家 宮屋敷朗 ~ラインの哀音~」 へのレビュー

主人公が魅力的

2017年04月30日   時告鳥 さん

このレビューは参考になった x 1人

レビュアーが選んだジャンル :

安いので買ってみた。
値段的にすぐ終わるかと思ったがそんなことはなく、
次々と事件が起こり壮大な物語へと発展していきます。

主人公「宮屋敷朗」とヒロイン「イケヒラ」の掛け合いは面白く
シリアスなシナリオでありながら
何度も笑わせてくれました。

特に主人公がこんなにイケメンなのに精神が脆く
イケヒラが登場する度に精神にダメージを受け
何度も苦痛を受けているそのやり取りと演出が面白かった。


シナリオが良いので
もう少し色々な場面でセーブを保存したかったので
セーブデータ数がもう少しあれば……という贅沢な悩みを覚えてしまいました。
とにかく値段から考えるとお買い得です。

総当り式のアドベンチャーゲームで
シナリオを堪能したいという方にはオススメです。

* は必須項目です)

理由*