レビューを報告する

  • 1.情報入力
  • 2.報告完了

このレビューを掲載しないほうがよいとお考えの場合は、理由をご入力の上、[報告する]ボタンをクリックしてください。
この報告は、レビューの削除をお約束するものではありません。内容によっては、削除されない場合もございますのであらかじめご了承ください。

「魔法使い入門 ~ホントの魔法を覚えちゃおう!~ 第六巻 祖先の残した黒歴史? 過去の因果を打ち破れ! カルマの精算「レトリーバル」を学ぼう!」 へのレビュー

オススメ! 最も興味深い巻

2014年12月29日   アマガサ さん

このレビューは参考になった x 2人

レビュアーが選んだジャンル :

カルマというのはざっくり言うと善事も悪事も、輪廻転生さえも越えて自らに返ってくるというものらしいです。インドの賢者たちが言い出したものだと思いました。

インドの賢者はとても賢く、現代物理学の量子力学的世界観(目に見える物はすべて実在を持たないただの粒子や波)という考え方を2000年以上前から言い当てていたらしいです。
もし現代のこの世界観を、200年ぐらい前の天才だの秀才だのともてはやされていた知的階級に語ったところで、鼻で笑われていたでしょう。

そんな頭のいいインドの賢者たちが、最も重視した考え方の一つがこのカルマです。
親のカルマが子に影響を与えるのか真相はわかりません。ただ、親が昔悪いことをして、それを自分の中で勝手に正当化して、それによって考え方や人格に歪みが生じて、そのせいで子供が歪んで、それが原因でその子が不幸になるって流れは、現実でもシナリオでも、よく見聞きする話ではあります。

このような浅い部分だけではなく、深い部分でもそのような不幸の連鎖があるということなのでしょう。
インドの賢者にはどのように世界が見えていて、カルマの存在を語っていたのかは、自分のレベルでは想像することさえできません。
けれど信じてやってみようと思います。信じることが力、それが信念体系なのだと思うからです。

とにかく最も興味深い巻であることは間違いないし、解説の通りならば、魔法使い入門の中でもかなり高い効果が期待できるものだと思いました。

* は必須項目です)

理由*