レビューを報告する

  • 1.情報入力
  • 2.報告完了

このレビューを掲載しないほうがよいとお考えの場合は、理由をご入力の上、[報告する]ボタンをクリックしてください。
この報告は、レビューの削除をお約束するものではありません。内容によっては、削除されない場合もございますのであらかじめご了承ください。

「文学少女の秘めやか逆痴漢」 へのレビュー

オススメ! これも一つの純ラブである

2018年06月23日   疾風怒濤のほん子ちゃん さん

このレビューは参考になった x 1人

大人しそうな顔して実はトンでもない好きモノだぜ…へへへ
淡々とした口調で大胆に犯してくれます。
されるがまま、命令されるのが大好きな方は必聴ですよ!?
攻められる快楽はもちろん、攻める快楽も味わえる…という事は
七凪るとろさんのねっとりと攻める演技、攻められていやらしく喘ぐ演技を堪能できるという事です!
喘ぎだけじゃなく、舐めている時の唾液音も素晴らしく、特に「下着越しのフェラ」が今作の股間にダイレクトポイントですね。
多少歪んではいますが、互いの性を貪り合うのも立派な純愛、これほど分かりやすく嘘くささが無い愛情表現はありません。
堕ちて堕ちて堕ちきったその先を見てみたいですね…。

* は必須項目です)

理由*