レビューを報告する

  • 1.情報入力
  • 2.報告完了

このレビューを掲載しないほうがよいとお考えの場合は、理由をご入力の上、[報告する]ボタンをクリックしてください。
この報告は、レビューの削除をお約束するものではありません。内容によっては、削除されない場合もございますのであらかじめご了承ください。

「-少女異聞録-」 へのレビュー

オススメ! 魅力と意欲に溢れるエロと青春のRPG。

2018年06月30日   色月 さん

このレビューは参考になった x 36人

エロは対人が多めとなっており、敗北凌辱と学園・街中での売春・セクハラがバランスよく用意されている。

敗北凌辱はボス以外にも、イベントによっては学園や街でも発生する。前者では複数ヒロイン同時の内容が多く、全滅と支配されるを強調したシチュが印象的だ。
後者では下衆な男どもが竿役なためガシガシ凌辱するという傾向が強く、梢がぐったりになってもやめない。立て続けの膣内出しや妊娠の恐怖のテキストも多く、本作にあるエロステータスの処女や危険日設定と合わせることで盛り上がりが増す仕組みは素晴らしい。
各竿役らしいシチュもよく、終わり際の精液濡れの姿は大変に捗る。特にとあるシーン事後に「こんなことで泣かない」とカラ元気を出す箇所は、お気に入りである。

街中売春などは、エッチなアルバイトが多い。選択肢によってはきっぱりと止められるが、継続するといけないと思いながらもずるずると続けてしまう駄目な梢が見られる。

メインの梢以外にも多くのサブプレアブルキャラ・サブ男キャラがおり、こちらも各々数シーンずつあり、凌辱から合意の上でのセックスと、バリエーションがある。特に、梢とのエロ会話から援交に興味を持って我慢できなくてやってしまうという発想は高く評価できる。

ストーリーは梢だけでなく、そこに集まる人々全員が変わってゆく青春劇となっている。絆システムではヒロインたちの人となりや抱えているもの、それとどう向き合ってゆくかが交流を通して描かれており、その成長が楽しい。
度々挿入される学校行事や友人と遊びに行く日常も、普通の女の娘としての描写をするとともに、この日常を影から守りたいと思わせる演出となっている。

クリア後にこみ上げてくる想いは、プロローグの母・梓の言葉を借りよう。「こういう平穏な日常がいつまでも続いてほしい」そう思わせる本作、おすすめである。

* は必須項目です)

理由*