レビューを報告する

  • 1.情報入力
  • 2.報告完了

このレビューを掲載しないほうがよいとお考えの場合は、理由をご入力の上、[報告する]ボタンをクリックしてください。
この報告は、レビューの削除をお約束するものではありません。内容によっては、削除されない場合もございますのであらかじめご了承ください。

「Slave's Sword 2~帝国革命編~」 へのレビュー

オススメ! エロが大幅アップした一大革命劇の完結作。

2018年02月22日   色月 さん

このレビューは参考になった x 2人

エロは敵兵に捕まっての監禁・脱獄失敗懲罰エッチ、雑魚・ボス敗北エロ、町中売春と大きく3枠に分けられる。なお、ボス敗北はエピローグ的エロシーンもあるため、都合2シーン構成となっている贅沢ぶりである。
まず懲罰エッチと敗北エロはガッツリ犯しぬく方針で描かれており、1シーン内では開始~数十時間から数日に及ぶ休みなしの凌辱となっている。最初の威勢が消え、息も絶え絶えなルナにはハードプレイ好きを満足させるだろう。
敵の腕や触手、機械や拘束具など様々なものがガチガチに封じられた状態での行為なので、身動きのできないヒロインピンチ、従わざるを得ない屈辱が絵とテキスト両方で堪能できる。

嬉しいことに、暴力シチュのみではない。くすぐりや精液責めのような羞恥成分強めのシーンも複数ある。他にも勝ち目のないエロゲームで弄ぶなど、芸の広さが披露される。
敵兵の煽りも練られている。過去のルナが憧憬の的であったことに言及したり、負けないという意志をあざ笑ったりと、犯されている今の惨めさ、どうしようもなさを強調し、エロスを高めている。

売春では淫乱具合によってルナの態度は180度変わる。オドオドとした反応が、淫乱だとノリノリで相手を責めてくる。ルナは操が堅く、基本ヤられっぱなしなのでこの対称性は新鮮だ。
状態異常時の戦闘立絵はスパイスとして味を出している。個人的には催眠時の呆け具合がグッドであり、かなり興奮した。

ストーリーでは、帝国側の主要メンバーが総出であり、最初からクライマックス感が高い。ルナ個人にも刺さる悲運も重なり、ここからどうなるかと先が気になる展開だ。蠢く陰謀、革命軍の闘志、ルナの見てきた世界と、そこから育まれた想い…。どのような決着がつくか、ぜひプレイして頂きたい。

* は必須項目です)

理由*