レビューを報告する

  • 1.情報入力
  • 2.報告完了

このレビューを掲載しないほうがよいとお考えの場合は、理由をご入力の上、[報告する]ボタンをクリックしてください。
この報告は、レビューの削除をお約束するものではありません。内容によっては、削除されない場合もございますのであらかじめご了承ください。

「ボンデージ・ゲーム~深窓の隷嬢達~」 へのレビュー

情け容赦なきディープ度

2007年07月10日   A-GE さん

このレビューは参考になった x 0人

鬼畜調教ゲームといえば、大抵ヒロイン達に色んな種類のパラメータが存在し、その数値がエンディングに影響を及ぼす展開が多いのですが、この作品では、憂はアナル・幸江はスカトロ・美鈴はクリトリス・要はお漏らし・弥生はおっぱいと、ヒロイン毎に性分野が分かれていて、それに見合った調教をしてゆくという滅多に無い展開でした。
最初に調教出来るのは憂・幸江・弥生の3人だけで、美鈴と要はトレーディングによって調教が可能となります。ただし、その代償として幸江か弥生を手放す事になりますが…。
何とかコンプはしましたが、内容的に濃く、グロテスクな表現もあるので、若干気分が悪くなった事もあります。
ディープな調教・凌辱系を好む方はともかく、そうでない方はプレイを避けた方がいいかもしれません。

* は必須項目です)

理由*