レビューを報告する

  • 1.情報入力
  • 2.報告完了

このレビューを掲載しないほうがよいとお考えの場合は、理由をご入力の上、[報告する]ボタンをクリックしてください。
この報告は、レビューの削除をお約束するものではありません。内容によっては、削除されない場合もございますのであらかじめご了承ください。

「プラゥヴ クルイード 賀茂六花編」 へのレビュー

「賀茂六花」=素直になれない妹キャラ

2010年04月26日   はや歩き さん

このレビューは参考になった x 2人

レビュアーが選んだジャンル :

魔法技術が一般的な世界を舞台にした純愛系のAVGです。恋愛アドベンチャーとしては、王道の造りだと思います。

『賀茂六花編』には、プロローグ⇒全体ルート⇒「六花」個別ルートが収録されています。全体ルートには選択肢もありますが、「六花」ルートは確定しているため、物語の分岐はありません。ただ、選択肢の選び方によっては、全体ルートのCGを入手できることがあります。

ストーリーは、魔法使い(本編ではソーサラーと呼ばれ、魔法とソーサリーは区別されています)の学校を舞台にしたラブコメ的展開の王道的なものです。その中でも「六花」の話は、特に王道的だったと思います。「六花」は、素直になれない意地っ張り妹キャラです。

CG自体出来は、割と良かったと思います。ただ、この作品自体はどちらかというとストーリー重視のため、「六花」のエッチシーンは個別ルートに3つある程度でした。また、全体ルートの「クレハ」のエッチシーンは、2つとも収録されています。

全体としては、エッチシーンよりはストーリー重視の作品だと感じました。おそらく、プロローグと全体ルートは、他のキャラクターのバージョンでもほぼ同じなので、素直になれない妹キャラ「六花」がサンプルで気に入った人にオススメです。

* は必須項目です)

理由*