レビューを報告する

  • 1.情報入力
  • 2.報告完了

このレビューを掲載しないほうがよいとお考えの場合は、理由をご入力の上、[報告する]ボタンをクリックしてください。
この報告は、レビューの削除をお約束するものではありません。内容によっては、削除されない場合もございますのであらかじめご了承ください。

「だから神様、ボクにしか見えないちいさな恋人をください。」 へのレビュー

精密に描かれた世界観に束の間、浸りきれる一冊。

2016年10月01日   一陣の光 さん

このレビューは参考になった x 1人

レビュアーが選んだジャンル :

”御免なさい”先生自身が抱く世界観を純度高く落とし込んだ
一コマ・一コマが、ほとばしる様な熱気をもって読者に迫る、
短編四本と、前・中・後編で構成された長編一本が収録され
た作品集。
印象的な収録作品は、主人公の事を”ATM”扱いしているヒロ
イン。とりとめのない会話もキッチリ聞いてくれる彼の態度
に・・・な「ひなちゃんと歩くATM」。素の自分を受け入れ
てくれる相手を探しているヒロインと、己が欲望にその身を
預ける主人公の、刹那すぎる接点が印象的な作品でした。
精密に描き込まれたコマの中に、”御免なさい”先生の伝えた
いコトが隙間なく詰め込まれている印象を、読んでいて感じ
ました。その世界観に束の間、浸りきれる。存在感ある一冊。

* は必須項目です)

理由*